*--------------------*
【抗がん剤脱毛症】


 both breast cancer survivor。。両側 乳がん患者です。。

抗がん剤(化学療法)の副作用…脱毛。。
これは治療が終われば必ず、生える・もとに戻る、、というのが一般常識みたいなもの。
でも、実際は2割くらいの割合で髪がもとに戻らない人もいるって話知ってましたか?

その後の人生を ずっとカツラで過ごしている人もいることを…(ー_ー)!!

医者は治療ついてメリットばかりでなく デメリットもきちんと話してほしい!!
知っていたら、患者の治療の選択技も変わってきます!!!!
がん治療において一番大切なのは、個々の患者がそれぞれ 後悔のない治療の選択をすることだ思います。

がん治療で外見的なことと ずっと とりあげられなかった‘脱毛の問題‘
ほんとうに それは “ただの外見” だけの問題ですか?
すべての医者をはじめとする 医療者に問いかけたい。
この問題、、いったい誰が真実を語り 真剣に改善に向けて取り組んでくれるのでしょうか…?
 
 

定期健診、無事終了…

晴れ、曇り    



10月17日に半年ぶりの乳がんの定期検診に行って
来ました。

結果は無事、クリア❕❕
採血の結果が25日にわかるので、
そのときに担当医から電話が来なければ、
採血の結果もクリアということになります。

いつもいつもですが、
やっぱ定期検診のときは緊張と不安と怖いです。
今回、なんかいつもより緊張してたのかストレスがかかったのか、
メンタルのほうの症状が出て、病院に行く前に吐き気がひどくて
参りました。。。。

病院に着くとけっこう覚悟はできましたが、、、、
採血…肺のX線、エコーといつものように検査していきました。
最後の担当医の診察の時間がけっこう待たされて、
たぶん1時間くらい待ったと思います。
その間の緊張と言ったら(笑)

でも、いよいよ名前を呼ばれて診察室へ入ったら
先生がニコニコしてて…あ、今回もクリアかな…と
思って
「大丈夫そうですか?」って聞いたら、
担当医「大丈夫そうじゃなくて、大丈夫なんだよ」と
力強い言葉を頂いてほっとしました。

今は半年に1回づつの検診なので
半年毎に与えられる命。。

この半年をどう生きようか、何のために生きようか、
何か人のためになるようなこと、ささいなことでもいいから
誰かに喜んでもらえるような生き方をしてみたいな…
なんていつになく真面目に思ってしまいました(〃▽〃)ポッ


与えられた命に 感謝、感謝、感謝、感謝…です。

引っ越しに向けて…

曇り、晴れ、風    



ほんとうに久振りのブログ更新です(;'∀')
ほぼ夏の間更新がなく、いつの間にか気が付いたら
秋になってました…

北海道はけっこう朝晩が涼しくなってきています。
明日は台風の影響もあるとかでさらに体感温度は寒っぽいです。

私は 歯が痛くなったこと以外、元気に過ごしておりました。
歯は以前よりもう抜いてもいいような歯で神経も抜いているところなのですが、
疲れたりストレスがたまったりして免疫が落ちてくるとたまーーーーに
痛くなってきます。通っている歯医者さんは簡単に歯を抜くという先生ではないので
もたせられるうちはもたしましょうという先生で私自身としては信頼している先生です。

…今 歯が痛くなっているということは免疫がちょっと下がり気味なのかもしれないので
がんにも悪い!!

今日はブログを書いてすぐ寝ようと思います。


疲れているのは、、、、

実は母と相談し父が残してくれた家と土地を売って
マンションを購入し、そこへ引っ越しをしようと既に
不動産屋さんにも依頼している状況です。

いろいろ考えたり、家の中をいるものといらないものとを
整理したり、、で、、バタバタしています。

父が残してくれた財産なので、とても考えましたが
母と二人では管理していくことが難しい…
特に北海道の一軒家は冬の雪はねが超大変です。
家は120坪ちょっとある土地なので、これが大変…

あと今年のひと冬だけなんとか頑張って長い目でみて
来年の秋、10月くらいまでにはマンションに引っ越ししたいねーと
話しています。

不動産屋さんの話では9月と3月にけっこう動きがあるとのことで
今月から土地の売り出し広告を出してもらう予定です。
今 いろいろ調査しているところでたぶん、あと1週間くらい
広告を出すまでかかるようですが、9月中には広告をだしましょうと
話しています。

…幼少の頃から住み慣れた家とさよならするのは
なんだか心さみしい、なごりおしい、し、父にも
申し訳ない気持ちで一杯ですがこれからもう
管理していくことは難しいとのことで母と下した
決断です。

これからまた、マンションを見に行ったり、
バタバタですが、ブログの更新も忘れずしていけたらなと
思っています。

乳がんのほうは来月にまたドキドキの検診がせまってきて
います。いつもいい意味での覚悟はして向かいますが、、
今回はこんな状況を控え、母一人にすることはできないので
神様、なんともありませんようにと神頼みです(笑)

メンタルクリニックのほうは毎月通ってて、
もう2年くらいになりますがまだ薬の量も減らない
感じです。

抗がん剤で髪が生えず、ヅラストレスでメンタルまで
やられるとは…今更ながらに病院の治療の在り方には
深い深い思慮が必要だなと思わされます。

それでも、髪は使っている育毛ローション、CG428の
おかげで、そりが入った前髪も改善はされてきています♪

また髪の毛のその後の様子なども載せていきたいと思います。。。。

小林麻央さん、ご冥福をお祈りいたします

曇りのち晴れ    のち




小林麻央さんが逝ってしまいましたね…

彼女のブログには私も励まされていた一人で
とても残念ですし、同じ戦友として悔しいです。

がんになってから、がん患者、、特に同じ乳がんの
方の話を聞くと勝手に同士、戦友のように思ってしまう
私なので本当に悔しいです。
悔しくて悔しくてなりません(´;ω;`)…

彼女の強さ、優しさ、女性として、人として、、
私なんかより若いのに頭が下がっていました。

できることなら 「奇跡」 がおこってほしいと
心から思っていました。

ブログで、病気になったことは彼女の人生の
大きなことではなくて、それよりも愛する人と
出会えたこと、二人の子供、、宝物に出会えたこと、、
そんな彩り豊かな人生であることのほうが大きいと
いうようなことが書かれた箇所が確かあったと思います。

私は、ともすれば何かあるたびがんになってしまったから、
がんだからといつの間にかがんを言い訳にしてしまっている
自分もちらほらいることに気づいていましたが、いつか
私も麻央さんのように自分の人生の中で病気になったことは
それほど大きなことじゃない、それが自分の人生の大半ではないと
思えるような人になりたいな…と、、思いました(´・ω・`)

また一人、戦友を失くしたことに
本当に悔しいけど、お疲れ様でした。
ゆっくり休んで下さい。
と、、今はご冥福をお祈り致します。。。。

受動喫煙について

雨   



母と二人、温泉1泊旅行は良い時間を過ごして
帰って来ることができました。

リラックスもできたし、食事もおいしく、
食べるものが多くて、蟹は思ったほどお腹に
入らなかったけど、満足して帰って来ました♪



今日は「受動喫煙」について思うところを
書こうと思います。

私ももともとたばこはすわないほうで…
ただ、ちょっと吸ってた時期もありましたが…(;^_^A
便秘がなおると聞いて(笑)

たばこを吸う人の気持ちもわからないのでは
ないのですが、、やはりがんになってからは
ひどくたばこは気にしています。

たばこの臭いや煙が気になるのはもちろん
ですが、それよりなにより「怖い」です。

がん患者は常に「命」というものを見据えながら
闘っています。闘病しています。

ちょっとでもリスクがあるものは避けたいと
自然に思うのは当然のことと思います。

あまり神経質になりすぎてもとも思いますが、
やはりたばこは別格です。

ちょっと前に大西英男議員の発言(ヤジ)が
非難をあびていましたが、彼曰く、、、、

「家ではたばこを吸っていても誰も何も言わないし、
孫も何もないし皆健康だ」 と…

そんなこと胸を張って言うことではなし、
むしろそんな状況の中でご家族、また
小さな子供たちも健康であるなら感謝しないと
いけないと思うし、今は大丈夫でもいつどうなるか
分からない状況下だということを忘れてはいけないと
思いました。

がん患者は働かなければいいとは言いますが、
働かないと治療もうけられないし、、
いろんな受動喫煙の記事を読んでみると
病気を抱えながら働いている人、妊娠中の
女性など、職場での立場が弱い人が多く
会社に迷惑をかけると退職を余儀なくされたり、
差別を恐れて病気を隠している人もいる…など、、
日本はまだまだだなぁと思いました。

私もがんであることは会社には言っていない
者の一人です。
そのほうがへんに気を使わせたり、
あと自分も余計なことは話さなくてもいいし
気が楽だからです。

会社の飲み会などでは、でも大概は
喫煙OKの居酒屋さんだったりで、
いやおうがなしに受動喫煙になってしまいます…
けっこう楽しい時間も怖い思いを抱えながら
過ごすことになります。

記事には
受動喫煙による健康被害について国内外で
多数の医学論文が警鐘を鳴らしているし、
すぐに被害が出るわけではないので、今
健康な人は実感がわかないだけだと記されて
いました。

乳幼児突然死症候群と受動喫煙との因果関係を
裏付ける調査もあるそうです。

私が一番怖くて困っているのは
会社の飲み会(いつも行かないわけにもいかないし)や
仲のいい友達と食事に行ったりしてもその友達が
たばこを吸う人だと食後の一服などが
たまらなくよかったりするのだと思うし
嫌な顔ができなかったり…
でも 仲のいい友達とは食事に行ったりも
したいし…

ほんとうにビル全体が禁煙になり、
愛煙者に方々には申し訳ないですが
もっときっちりとたばこを吸う場が禁煙環境と
別れればいいとは思っています。

同じがんサバイバーの三原順子議員には
私も期待しています。

はやくはやくそんな日が来ればいいと
懇願しています。